弊社のメンバーを紹介します。

暗号通貨を使ったECサイトの開発、暗号通貨決済のインフラ整備をメインに取り組んでいます。よりスマート、よりスピーディーをモットーに、日本のキャッシュレス化を推進する事業に取り組んでいます。現金決済における日本の割合は約90%、アメリカは30%、中国は10%となり、これだけでも日本が世界に出遅れていることがわかります。また、政府は、決済の電子化(キャッシュレス化)を進めるための支援に乗り出すとしています。 来年度予算が閣議決定される上での概算要求(9月)に、経産省などで関連費を19年度予算案に盛り込むとのことでした。我々はこれをチャンスと捉え、日本の暗号通貨決済のインフラ整備を先駆ける企業としてコミットします。

この会社に決めた理由

ブロックチェーンと暗号通貨が面白そうという漠然とした思いで入りました。ですが会社の業務に携わっていく中で、ブロックチェーンという仕組みをより具体的に知ることができ、会社での業務や目的についてもはっきりしてきました。私の現在の目的としては、JBコインを盛り上げていきたいと考えています。それと同時にSNS発信を担当している私の業務としては、世界中の人々に認知して頂きたいと思っています。

個人を尊重してくれる環境

会社としては自分の意見をとても発言しやすい職場環境となっております。役職に縛られず個人個人を尊重されるため皆の意見が活発になり全体的に連帯感のとれた仲のいい職場になっています。他に自分でやりたいことや上司に対しての気遣いがあまりなく業務に打ち込めます。

スタッフみんなが楽しくて。 やりたいようにできるのが魅力で、 いつも楽しいですね。

感じられることの多さ

給料や一般業務に縛られず他で結果を出した場合や働きに応じて休日や給料の面で結果にコミットしてもらえます。私はお客様により近い立場での業務が多いため、お客様の喜びを一番に感じとれるためとてもやりがいを感じております。

発展する業界

より多くの人により多くの利益を与えられるようにしたいです。
一般の会社の中央集権的な考えではなく、一般の人たちに多くの利益を還元する分散型のブロックチェーンの考えはより素晴らしく今後の将来像と成長性を見込めると思います。

OTANI AKIKO

新しい発見がたくさん

毎日新しい発見を体験しています。顧客と会議をしているときや、デスクで仕事をしているとき、ランチタイムで同僚と話しているときにも新しい発見があります。日々の何気ないことだったりも今は刺激的に感じられ、毎日充実感にあふれています。これらの発見をより具体化し、自分のスキルとし吸収できるようチャレンジしています。

チームで協力して取り組む

自分一人では解決できなく壁にぶつかることが多々あるかと思います。ですがチームで協力していると様々な意見を取り入れることができますし、サポートをしあえるので目の前に困難なことが降りかかってきてもovercomeできるので非常に心強いです。これからもお互いを尊重し助け合いながら成長できるいい関係を築き、会社を大きくしていきたいです。

採用案内エントリー

採用案内/エントリー